スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キバナコスモスの群生

柳井市石井ダムの土手一面にキバナコスモスが咲います。ダムの型式は中心コア型ゾーンタイプフィルダムです。ダムにもいろいろな型がありますね、最近ではダムカードという物が発行されているそうです、このダムでは発行されていませんが、すぐ近くの黒杭川ダムは発行されていますね。ちなみに私はまだ一枚も持っていません。

20150527キバナコスモス04


20150527キバナコスモス02


20150527キバナコスモス03


20150527キバナコスモス01

今日はまた一段と暑い一日でしたね。

実はキバナコスモスの花と思っていた花が特定外来生物に指定されたオオキンケイギクだと雑草好きさんから教えていただき、はじめて知りました。まちがって持ち帰らないようにしないといけませんね、これからは間違いに気をつけなければいけません。

撮影日2015年5月27日

スポンサーサイト

この記事へのコメント

オオキンケイギク - 雑草好き - 2015年05月28日 11:00:29

それキバナコスモスではなくて、特定外来生物に指定されたオオキンケイギクですね。
花は似ていますが、葉の形が違います。

- きんさい - 2015年05月28日 19:00:22

毎年綺麗に咲いていた花が特定外来生物に指定された花とは、駆除しなければならない花なんですか?それともこのままでよいのでしょうか。

オオキンケイギクの破壊力 - 雑草好き - 2015年05月28日 22:12:08

大阪で1990年に開かれた花と緑の博覧会でワイルドフラワー緑化工法が用いられたのが注目され、90年代全国でオオキンケイギクを含む欧米産の野生の花の種をブレンドして緑化用に播かれました。
石井ダムが竣工したのが1992年とあるので、その頃播かれたワイルドフラワーのうちオオキンケイギクが他をおしのけて大繁殖しているのでしょう。
外来生物法は栽培は禁じていますが、勝手に生えてくるものの駆除を義務付けてはいないので後は管理者の考え方次第となります。
国が管理するダムや河川の場合は国土交通省が熱心に駆除活動をしていますが、自治体管理の河川では動きが鈍い傾向にあります。
とは言え、そのまま放置しておけば下流に向かってどんどん広まる懸念があります。
ネットで検索すればわかりますが、全国には目を疑うようなオオキンケイギク繁茂地域がいくつもあります。
そうならないためには出来るだけ早く手を打つ必要があるでしょう。

トラックバック

URL :

プロフィール

きんさい

Author:きんさい
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング参加中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
潮汐表
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。